top of page
  • itadura0616

世界の全てを疑っても自分のセンスだけは疑うな

以上。言いたいことはこれだけだ。




……で終わらすわけにもいかないと思うので、もう少しつらつら書いてみようと思う。


まずそもそも疑うこと自体はとても大切なことだと思う。何でもかんでも考えなしに信じる人は、かわいくて個人的には嫌いじゃないが、やっぱりある程度は疑う視点も必要だと思う。それが例え、自分の憧れている人や好きな人であったとしても(これは結構難しいし、自分で言ってて僕もなかなか上手くはできない)。

これは自分に対しても例外ではない。これまでに自分が考えてきたことや行いに対して、本当にあれが最善の選択だっただろうか、他に方法はなかったか、と考えることはこれからの自分を考える上でも大切なことだと思う。


ただ一つだけ、疑ってはいけないものがあるとすればそれはそれは自分のセンスだと思う。センスという言葉があっているのかどうかわからないので、もう少しかっこつけずにいうなら、自分がいい、好きと思ったその時の感覚は疑ってはいけないということだ。

僕には好きなミュージシャン、好きなバンド、好きな音楽、好きな小説、好きな作家、好きなマジシャンなどまあ色々ある。語れと言われれば、聞き手を寝不足で死に追いやるまで語れると思うが、あいにく今のところはまだ殺人鬼になりたいという気持ちはないので自粛しようと思う(それでも知りたいと思う方がいらっしゃれば、自分は死なないぞという強い強い覚悟を持ってから個人的に聞きにきてください。←ライブハウス、路上ライブで待ってます!!!!!)。他にもアクセサリーや服もそうだが、僕はそれらをいいと思った自分の感覚を信じてやまないし、俺がいいと思ったものがよくないわけがないという精神で日々生きている。そこには一切の他人は関係がなく、自分とその対象2人だけの問題なので、誰かの共感を得ようが、反感を買おうがまったく気にはならない(気にして精神をすり減らす人もよく見かけるが、そんなの馬鹿馬鹿しいと思ってしまった方がきっと楽なので強くおすすめする)。


また、好きなものが変わることもあると思うが、これに対しては何も抵抗を感じる必要はない。これだけ日々環境が変化する中で生きていて、自分の気持ちも変化することは当然ありうることだ。そのような気持ちの変化は例外なく尊重されるべきだし、どんな他者であろうとそれを否定する権利はないと思う。大切なのは自分は「今」どう思っているかである。



ところで、もう数日後に迫ったものあるが8月は1日、4日、22日とライブがある。詳細は各SNSでチェックしてほしいが、今少しでもいたづらのライブを見たいと思った人がいればその気持ちを信じて、一度ライブハウスへ足を運んでみてはどうだろうか(チケット取り置きは各メンバーのInstagram、TwitterアカウントへのDMでも受け付けてます!!!)。



追伸

先日のライブ。人生で初めてここまで神をまとめてステージに立ったけど頭動かしても髪の毛揺れなさすぎて首動いてるかどうかわからんかった。



閲覧数:173回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page