top of page
  • itadura0616

暑さに全てを溶かされる前に



暑い。暑すぎる。

汗は一瞬にして顔全体を覆い、まずは目潰しを企ててくる。目に汗が入り、目の周りの汗を拭うことに専念し始めると、次に日焼けのことが半ば諦めムードになる。春になり、よし今年も「日焼け、ダメ、ゼッタイ」の精神を貫くぞと誓ったあの日の自分は、朦朧とする意識の中に消えていく。

表皮にも衣服にもこれ以上汗を受け止める場所はないぞと思ってからもとめどなく汗は流れ続ける。このまま汗ととともに皮膚や脳髄までもが流れ出していき、暑さに蝕まれたモンスターが出来上がるのではないかと考えてしまう。虚ろな目、ふらついた足取り、荒い息、顔に張り付いた長髪。すでにモンスターたり得る外見は整っている。あとは脳髄が溶かされ、人としての思考や感情が奪われてしまえば全てが終わる。いや、もしかしたらそこからが始まりかもしれない。



そんな状態であっても時は涼しい顔をして猛スピードで走り続けている。早くも6月が終わり、今年も残すところ半分を切った。

いたづらの活動も時と同じような表情で淡々とスケジュールを片っ端から埋めていく。昨日も1つライブの告知があったが、今のところ以下の日程でのライブが決定している。


7月5日 @梅田Zeela

7月20日 @北堀江club vision

8月4日(Junk Unitとのツーマン)@阿倍野ロックタウン

8月22日 @アメリカ村DROP

12月16日(2ndワンマン)@OSAKA MUSE


詳細は各自TwitterやInstagramを確認してほしい(7月20日の詳細はもう少し待って下さい…)。

それ以外にも相変わらず路上ライブもたくさんやっていく。この暑さの中、狂っているのは夏の方なのかいたづらの方なのか、はたまた両方なのか定かではないが、まあそれすらも愛おしいと思ってお付き合いいただきたい(くれぐれも無理は禁物!!!!)。上記の日程の各ライブのチケットも路上ライブで手売り販売を行なっているのでみんな是非とも、1日程でも多く見に来てほしいと強く強く願っている。



このブログを綴っている今現在も汗が止まらず、モンスター誕生へのカウントダウンはますます加速していくばかりである。辛うじて人間を保っている間に夏が終わってくれることを文字通り渇望(みなさん適度な水分補給を!!!!)している。



閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

決意表明

Comments


bottom of page